旧家再生研究所 Produced by 住友林業ホームテック > 旧家ものがたり > Vol.06『町家大工の夢』

Vol.06
『町家大工の夢』
京都府  I様邸 築約80年


ZOOM

「昔、町家大工をしていたんです」
ご主人が語りはじめた。

京都、二条城のほど近く。歴史ある古都に残る、
情緒ある町並み。その一角に、昔ながらの面影を
残しながらも、品良くモダンな一軒の町家がある。
「どうです、いいでしょう」リフォームされた家を
眺めるご主人は、いかにも誇らしげだ。
それもそのはず、ご主人はもと町家大工。
この家には、格別深い思い入れがあったのだ。


ZOOM

「町家大工仲間でも評判の
リフォーム会社を思い出しました」

伝統的な町家づくりの家は、その昔
ご主人とそのお父様が気に入って購入したもの。
まさに町家大工のお眼鏡に叶った家なのである。
しかし、築約80年。耐震性に不安があったため、
本格的なリフォームを決心した。「今の自分では
体力的に負担が大きいため、町家大工仲間でも定評が
あるリフォーム会社にまかせることにしました」


ZOOM

「あまりに快適で、リフォーム後も
何の違和感もなく生活できています」

「それはもう、こだわりましたよ」とご主人。
「町家大工だった私からみて、耐震補強も文句なし。
以前は構造上取り除くのが無理だと言われていた壁を
撤去でき、開放的なダイニング・キッチンが生まれま
した。浴室から坪庭を眺められるようにしたり、和室
には雪見障子を入れました」
そのすべての出来映えを気に入っていると言う。


ZOOM

「家中が気持ちよくて、
どこにいてもしあわせです」

奥様の希望でキッチンもこだわった。身長に合わせて
つくった設備に、効率的な家事動線。安全性の高い
IHヒーターや、省エネになるガス温水器も採用。
入ってすぐ和めるよう玄関ホールも畳敷きにした。
「玄関や通路まで気持ちいいんです」と微笑む奥様。
夫婦の幸福にみちた、伝統ある京の町家。それは、
かつて町家大工だったご主人の夢そのものである。

京都府 I様邸のリフォームデータ

所在地:京都府 築後年数:約80年 総工事床面積:104㎡ 工事期間:6ヶ月

強く心地よく生まれ変わった、町屋づくりの家。

キッチンとダイニング、和室が一体となって、
オープンで心地よい空間が生まれた。

和室

写真:和室

広くなった和室は、雪見障子を採用したり、畳の縁や建具の色を茶系統に統一したりと、こだわりが満載。

キッチン(リフォーム前)

写真:キッチン(リフォーム前)

キッチン(リフォーム後)

写真:キッチン(リフォーム後)

閉ざされていたキッチンは、カウンターを隔ててリビング・ダイニングと一体となった。

リビング

写真:リビング

キッチンからも和室からもつながる開放的なスペース。

坪庭

写真:坪庭

和室からも浴室からも眺められる坪庭。手作りのししおどしが趣をそえている。

玄関

写真:玄関

石畳が敷き詰められた長い通路は、町家ならではの風情がある。

旧家ものがたり バックナンバー一覧へ