旧家再生研究所 Produced by 住友林業ホームテック > 旧家ものがたり > Vol.03『66年目の冬』

Vol.03
『66年目の冬』
富山県魚津市 Y様邸 築約65年


ZOOM

「真冬には、家の中が外よりも
寒いこともありました」

富山県魚津市。
杉林を背に建っている一軒の旧家をたずねた。
北陸地方で、長年の間厳しい寒さに耐え抜いてきた
その家は築65年になるのだと言う。老朽化が進み、
そのまま住み続けるのは限界だったのだそうだ。
「ただでさえ寒い上に、裏が林なので日が当たらなくて
冬場はつらかったんです」ご主人はそう語った。


ZOOM

「冬場でも暖かく過ごせる家にしたい」

暖かく快適な家にする。
それだけなら建て替えでもいいようなものだ。しかし、
ご主人には先代が建てた家としての愛着があった。
また、自分がその家を住み継いでいる責任も感じていた。
さらに、「できることなら、残してほしい」
という親戚の声もあって、
リフォームすることを決断したのだそうだ。


ZOOM

暖かくなったリビングに、
家族が集まるようになった。

リフォームで最もこだわったのは、断熱性。
断熱材を充填したり、ガラスサッシを気密性の
高いものに交換して、家の断熱性を高めた。
また、取り入れてみて大正解だったのが蓄熱暖房。
深夜電力で寝ている間に熱を溜めておくものなのだとか。
「冬でも部屋の中がちょうどよく暖まって、朝起きる
のが楽になりました」家族みんな大助かりなのだと言う。


ZOOM

「心地よさも、雰囲気も、
どちらも大切にしたかったんです」

コンセプトは「旅館」と言うだけあって、
玄関から客間にかけては、何とも言えない趣がある。
他の部屋より一段高くなった「枠の内」と呼ばれる客間の
天井には、大きな梁がある。この地域の伝統なのだとか。
「生活部分と、雰囲気重視の部分と、メリハリをつけた
ことが良かったみたいです」66年目のこの家の冬は
とても心地がいい。私もすっかり魅了されてしまった。

富山県魚津市 Y様邸のリフォームデータ

所在地:富山県魚津市 築後年数:約65年 総工事床面積:235㎡ 工事期間:7ヶ月

伝統を守りながら、暖かく心地よい家へ。

快適で暖かく過ごせる家にするため動線を意識した生活部分と、
雰囲気を重視した客間や玄関をメリハリをつけて設計。

外観(リフォーム前)

写真:外観 リフォーム前

外観(リフォーム後)

写真:外観 リフォーム後

軒裏の太い垂木など、風格のある外観に生まれ変わった。

客間

写真:客間

旅館のような雰囲気の和室は枠の内と呼ばれる客間。天井高が5メートル近くあるため、主照明のほか、スポットライトなどの間接照明を設置し明るさを確保。単調な畳敷きをやめ、板の間を設けたデザインがユニーク。

玄関

写真:玄関

来客を迎えるための「主玄関」と家族用の玄関を格子で分離。家族用玄関には収納を設け、クロークとしての機能を持たせている。

子供部屋

写真:子供部屋

子供部屋のロフトにも梁がある。採光のために設置したガラス瓦には、屋根をすっきり見せる効果と雨漏りがしにくい利点が。

2階ホール

写真:2階ホール

2階ホールの腰板は、先代が大事に残しておいた無垢材を利用。

旧家ものがたり バックナンバー一覧へ